« 十五番館のデザート | トップページ | 吟でステーキ »

2007/05/26

まつさをな

まつさをな
神戸ではキャラメルボックスの新作幕末劇「まつさをな」を観劇。
いやーキャラメルらしいさわやかなお芝居でした。今回は新感線の粟根さんが大活躍!もうやりたい放題(笑)やってらっしゃいまして、目が離せませんでした。粟根さんは時々客演されてますが、今回が一番らしかったんじゃないかしら。>どうですかね粟根ファンのY本さん!それと先に福岡で見ていたRちゃんが「筒井俊作くん要チェック!」と教えてくれていたんですが、もーびっくりしましたよ!みなさん是非劇場で!(といってももう大楽終わってしまいました~DVDとかでチェックしてみてください)以下ネタバレにつき、ご覧になった方のみ読んでください。


千鶴ちゃんが主役なのですが、最後で主役の目線がスライドして静馬の視点になっちゃうんですよね。そのせいか千鶴ちゃんが傍観者的立場になっちゃって、もったいなかったなあというのが第一印象。犯人探しよりもそれぞれの感情の変化に力点をおいたほうがよかったのかなと思いました。静馬の視点で統一した方がお話的には筋が通っていたかもしれません。と思ったのは大内さんの静馬がとてもいい役だったせいもあります。時代劇お上手ですねえ。個人的には鉄之助の真っすぐさに好感をもちました。岡田くん演じる啓一郎と静馬との3人トリオがいい感じ。岡内さんのりくと左東さんの忠兵衛のかけあいもよかった!

|

« 十五番館のデザート | トップページ | 吟でステーキ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まつさをな:

« 十五番館のデザート | トップページ | 吟でステーキ »