« 出張続き | トップページ | 本日のお茶 »

2007/07/03

碁娘伝

諸星新刊
今日は午後からちょっと空きがあり、バリバリと雑用をやっつける。それでもサービス残業2時間半。それから先日から探している本のため、近所で一番揃ってるK書店へ。諸星さんの単行本未収録作品が載ってる「コミック幽」という本を探すため。でもない!!くーこれだから田舎は!でも文庫の「碁娘伝」があったから購入。巻末のあとがきに「加筆、改訂もしてあります」とあるけど、どこかわかりません。また調べなきゃ。「足かけ十七年」というのもすごいですが、それでも描き続ける諸星先生のあきらめの悪さ(笑)すごいなあ。そしてどの話も出版社が違うのに(これもあとがきで初めて知りました)1冊にまとめてくださった出版社に大感謝ですよ。しかし、この帯の「梅沢由香里も絶賛」はいいとして、もうちょっと碁の話を解説してくれれば面白かったのに。自尊心をどう刺激されるか知りたかったですねえ。私は碁を知らないので(呉壮令並)碁の面白さがわからない。碁を知ってる人の感想を聞きたいですね。

|

« 出張続き | トップページ | 本日のお茶 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 碁娘伝:

« 出張続き | トップページ | 本日のお茶 »