« 進水式 | トップページ | アニフェス2008 »

2008/08/10

二大競演

二大競演
(画像がこんなんですいません。もうチラシがなかったの)
日曜日、昨日遅かったので本当はゆっくりしたかったのですが、映画に行きました。が!何と目当ての「ドラゴンキングダム」は夜討ち朝駆け興業になってました(> <)えええ~!まだ公開されてからあんまり経ってないのに!ジャッキーとジェット・リーの二大共演なのに!ジャッキーファンのKさんとHちゃんをお誘いしたけど、なんと朝一の回で行くハメになりました(9時開始ですよ・・・)どうも後調べたら市内のルーブルでもやってたみたいで、申し訳ありません・・・。以下感想。大きなネタバレは避けてますが、これから見る人にとってはまっさらの方がいいかもなので、改行します。注意!

<ちょっとでもネタバレが嫌な方はここから先は読まない方がいいです>

「ドラゴンキングダム」はカンフー・オタクの青年が、「選ばれた者」として、古代中国に飛び、西遊記の孫悟空に如意棒を返しに行くという物語なのです。
で、この主人公の青年に稽古をつけるのがジャッキーチェンとジェット・リー。もーあんたなんて贅沢なんだよ!もっと真面目に稽古しろよ!!とうらやましいことこの上ありません。私は割と頭を空っぽにして見てたので、最後の方までキレーに伏線に気が付きませんでした。もう1回観られるとしたら、その部分をじっくり見たいですね。とにかく2人が活躍するので、「ラッシュアワー3」のよーな欲求不満感はありません。でもどちらかと言えば、ジェット・リーの方が活躍するかも。最後のテロップも彼の方が先でした。他の映画ではめったに見られない(寡黙な役が多いので)彼の呵々と笑った顔が見られるのも、この映画ならではなのかも。オープニングのカンフーシーンが安っぽいのもあんまり気になりません。まあとにかくこの2人がアクション全開で戦ってるってだけでも映画館に行く価値あり!ですよ。

・・・で、これは後でKさんとHちゃんと言い合ったことなのですが・・・
(こっからツッコミです、好きな方は見ない方がいいかも)

ぶっちゃけ主人公、いらないんじゃね?
・・・・ってこと。

なんでわざわざアメリカ人青年(しかもただのカンフーオタク)が選ばれし者になるのか、必然性がイマイチ出てこないんですよね。しかもなかなか彼に感情移入できないの。微妙な年齢とルックスにゃのです。ひょっとしたら男子は感情移入できるのかもしれませんが、身内(女3人)の意見は「もーちょっと幼い子がけなげにガンバルとか、かっこいい男子であるとか、努力家であるとか、心が強いとか・・・まあそんな+αな要素が何もない男子にはなかなか肩入れできない」というものです。うん、すごいヘタレな子なんですよね。今時の子の等身大っていう感じは出てるかもしれませんが「ベストキッド」じゃないし、だっていきなり西遊記ですよ孫悟空ですよ天帝が500年jに1度地上に降りてくる国に行くんですよ~~~!
ギャップありすぎでした(笑)いっそのことギャグ要素をもっと入れれば突き抜けたとも思うけど、細部は割とシリアスだったりするんですよね。うーんいかがしたものか。

・・・で、ここで出てくるのが、悪の将軍に復讐を誓う少女。彼女は主人公を助けて旅のメンバーに加わるのですが、この子が可愛いんですよ~~!だから、この子を主人公にしちゃって、それに巻き込まれる導師2人でお願いしたい!と思った訳です。
厳しい導師がジェット・リーで「復讐は何も生まない」とか諫めつつ、少林寺で培った技を教えて・・・で、甘い導師がジャッキーチェン(ぴったりだ!)ちょっと頑固な彼女に困ったなあと思いながら、励ましつつやさしく拳法を教えて、ジェット・リーに対して「そこまで言うことはないだろう」とか言ってみたり(ジャッキーの方が年上の設定)、そんなジャッキーに「そんなに甘くしては彼女は強くならない」とかリーが反目したり、2人にはさまれて「先生、けんかしないでください!」と女の子が涙目で訴えたり・・・ああこっちの方が萌えると!思うのですが、いかがでしょうか(以上妄想でお送りしました)
敵のキャラが結構いい線行ってるので、もっと中国限定にしたらそれこそ金角とか銀角も出せたのではと思ったのは、私らが日本人だからでしょうね。西遊記ってやっぱ古典として刷り込まれてるからね。
色々書きましたが、2大スター共演は必見!です。カンフー映画ファンにはいろんなオマージュが入ってるから、そちらも楽しめると思います。

|

« 進水式 | トップページ | アニフェス2008 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二大競演:

« 進水式 | トップページ | アニフェス2008 »