« オスカーW受賞おめでとう! | トップページ | いきなり爆忙 »

2009/02/24

アニメ夜話

アニメ夜話
いろいろ仕事が押し迫って来ました。頭の痛い問題も積み残し中。でも今日は帰る!そんでもって24時にBS2を録画しつつ、リアルで見ましたよ「アニメ夜話」!
GRやってくれるなんて嬉しい~!やっぱり正座して見てしまう。燃えるものがありますよね。もう刷り込みかもしれませんが。BGMもきっちりGRだったし、ちゃんとスタジオ内にセットも作ってもらえて、わくわくしながら見ました。
きっとみなさんご覧になったと思うので突っ込みどころなどを・・・

私はしばらくぶりにこのシリーズを見たんですが、なかなかメンバーがバラエティに富んでいて面白かった。ファンとアンチ、萌え系と一般人(女性)、突っ込み担当、制作者代表、そして司会と解説者。それで対比しながら話を進めていくので、いろんな視点からGRを見られた感じがしました。岡田さんはすごく印象が変わっていてびっくり。いや、お痩せになったのは知ってたのですが、なんだか別人のようだったので。毒舌は相変わらずでしたが(笑)。プロデューサーと聞いててっきり山木さんが出られると思ったけど、違ってましたね。それはそれでみんながいろいろ聞いてきて大変だったかもしれませんが(^^;)
今回初めて知ったのが「コードネーム・銀鈴」の話と、全3~4部作構想の件です。銀鈴がああなるのは最初からあった設定だと思うのですが、ファルメールじゃない銀鈴が出てくるのはちょっと(いやかなり)やるせないなあ・・・。後、私が覚えているGRの構想話は、全26話のエピソードがあって「地球が静止する日」はそのラストエピソード前の話だったと思ったけど、違いましたっけ?こっから国際警察とBF団の全面戦争でばーんと・・・!という前までと思ってました。この後色々エピソードがあるなら見て見たいですけどねー(「白昼の残月」編と「南の島」編?だったっけ?後バベルの篭城編??でも「残月」は鉄人でもうやっちゃったからなあ)岡田さんが熱く「続編を!!」と言ってくださって嬉しかったです。後、ロボットものとしてのGRという視点はとてもうなずくものがありました。富野監督との対比とか。それで、なんだかんだでみなさん今川ファンなんだなあとも思いましたよ。監督、スタッフから愛されてますね。そしてあれだけのスタッフの皆様がいてこそのGRだと思いました。そっかー重いのはお金がかかるのか・・・・!
アイドル系のコメンテーターの人が「萌え」を語ってる割にはショタコンの語源を知らなかったり、アメリカザリガニの右の人がGRを知らずに「大作くんが甘やかされすぎ」を連発したり・・・ちょっと年寄りから見ると、もうちょと勉強してよ・・・と突っ込みたくなりましたけど、まあ一般の人の意見だと思います。うん、そっか、私らのお約束事ってもう通じないのか・・・と勉強になりました。そういう面ではいろいろ考えさせられたなあ。
一応私見を書いておくと、実写版GRのラストでのロボの最後と大作君の決意を知っている身からすると、この「甘やかし」はそれに至る「タメ」の部分で、最後はああだからこれもありじゃない?思うんですよね。そしてひとり立ちするのはやはりラストエピソードではないかと。私もリアル世代じゃないんだけど、(アニメ・特撮ファンなら)一般常識的な知識だと思ってました。違うのね~!(> <)これって年寄りの冷や水か!?まあ、語るなら、ある程度勉強して欲しいと思ったんですよ。作品に対する礼儀として。そういう芸風の人だったらごめんなさい。ああ、頭を冷やそうと一晩置いてから書いてるんですが、ちょっときついかしら。ごめんなさい。やっぱ私まだまだGRファンみたいです・・・
これを機会に、新しいファンの方が見てくださると嬉しいですね。うちのサイトに来られる方はGRファンの方が多いかと思うのですが、みなさんの感想やいかに!?
あ、ラストがちゃんとGRしてて「やられた~!」と思いましたよ。「つづく」!
明日はトリトン、明後日は攻殻ですね。頑張って起きて見よう!

|

« オスカーW受賞おめでとう! | トップページ | いきなり爆忙 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ夜話:

« オスカーW受賞おめでとう! | トップページ | いきなり爆忙 »