« 新感線とクドカンのコラボ | トップページ | 京都でラーメン »

2009/04/25

原作つきキャラメル

原作つきキャラメル
新神戸オリエンタルにて、キャラメルボックス「容疑者Xの献身」
実はキャラメルの原作つきは初めて観ます。しかも超有名なベストセラー小説だし、こないだ映画になったばっかりだし・・・一体どんなかな~と期待半分、不安半分でした。映画も原作も全然見てなくて、ミステリーとキャラメルボックスは合うのか!?とか、わざわざキャラメルで上演しなくても・・・とか最初は思ってました。


で、こっから先ネタバレにつき注意です。


これは久々のヒットでした!ものすごくよかった!
もうね、石神を西川さんが演じてくれて、よくぞ・・・!って感じの名演ぶりでした。成井さんがこれをやりたがったの、分かるなあ。このシリーズって湯川にスポットが当たりがちですが、この話は石神あればこそですよねー。鬱屈した天才の苦悩みたいなのが、西川さんからにじみ出てて、ラスト、ぼろぼろでした。やられた!
キャラメル大好きなんですが、あんまりハートフル路線になりすぎると、ちょっとだけ甘さが気になることもあるのです(もう好みの問題ですが)。これはキャラメルで見られてよかったなと思いました。あのラストがとっても腑に落ちるのですよ。
岡田くんの湯川がとてもさわやかで(笑)ガリレオの変人っぷりがあまり出てなかったのが、残念といえば残念でしたけどね。でも2時間ちょっとの劇だし、そのへんはしょうがないかな。湯川がすごいいい人になってました。
これを観て、原作とか映画とかも見たいなあと思ったのですが、Hちゃんが「堤真一が石神はない」と言っていた理由がよくわかりました。だって、かっこよすぎるもん!

実はこの公演は新感線のチケットを取ってから決まったのですが、うん、この順番でよかったっス。とても後味すっきり終われました(笑)Yさんよいお席をありがとうございました。

今日のお宿は京都。こっから京都に移動~三都物語ですわ。

|

« 新感線とクドカンのコラボ | トップページ | 京都でラーメン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原作つきキャラメル:

« 新感線とクドカンのコラボ | トップページ | 京都でラーメン »