« だいぶ咲きました | トップページ | 新しい美術館 »

2010/05/29

丸の内アート

丸の内アート
結局制作はあまり進まず、いろいろもって出発することに。今回は宇部空港から。割安のチケットで行くので早い便です。でも宇部空港は好きなので(目の前駐車場・しかも無料・最近お土産物が充実・土地感がある)苦になりません。今回こそ角打バーでと思ったけど、いろいろ考えて自粛。いつか時間に余裕のある優雅な旅行をするときに、「貴」を飲んでみたいなあ。
9時半羽田着で、10時には東京駅に着いてました。せっかくだから色々見て回ろうと、丸の内に。

「アートアワードトーキョー丸の内」
若手アーティストの発掘・育成を目的に丸の内行幸地下ギャラリーで開催される展覧会で、今年で4回目だそうです。日本の美術大学・芸術大学の卒業制作展から選抜した作品を展示しています。
若いアーティストの皆様の作品に刺激を受けようと、行ってみました。
実はこちらの地下ギャラリーを初めて知りまして、東京駅から丸ビルに至るまでの空間が、すごく広いことに驚きました。なんかもったいないくらいに広くてきれい。まだ開発中なので、全部開発が完了したら、もっといろいろなことができるのではないかと思いました。あまり認知されてないのか、土曜なため周辺の会社が休みなためか、人は少なかったです。時間が早かったのもあると思います(丸ビルも11時開店ですしね)
デパートの外ウインドーを大きくしたような展示ケースがずらっと並んでました。作品はどれも個性が感じられるもので、面白かったです。ただ、どうしてもウインドー越しなので、質感が直接感じられなかったのと、平面的展示になっていたのが残念でした。きっと卒展会場では、すごく迫力あったんだろうなあ(だから実際の作品より、パンフレットの写真の方がよく見えたものが何点かありました)金沢工芸のステッチを全面に施した作品とか、京都市立芸大のちょっと怖い絵とかが印象に残りました。
自分も大学時代にもっといろいろなことをしておけばよかったな~贅沢な時間ですよね(最近何事にも時間が取れないのでこういう感慨にひたることが時々あります)

|

« だいぶ咲きました | トップページ | 新しい美術館 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸の内アート:

« だいぶ咲きました | トップページ | 新しい美術館 »