« お菓子 | トップページ | 本家あぶりもち »

2010/05/04

ハナミズキと大徳寺

ハナミズキ
いろいろ寄り道しながら、やっと大徳寺にたどりつきました。ちょうどハナミズキがキレイな頃で、一般公開されている寺院と一緒の図です。
長谷川等伯の襖絵が公開されているということで、行ってみましたが、お庭もきれいだし、建物も歴史が感じられます。この日の京都は暑くて、寺院の中がとても涼しく感じられました。やっぱり日本の建物は夏仕様にできてるなあ。解説の学芸員の方(京都にはこういう史跡案内専門の方がいらっしゃるそうです)の説明がとてもわかりやすく、ときには図入りで説明してくださり、すごくよかったです。こういう仕事っていいなーと思いますが、きっと冬は大変なんだろうなあ。
大徳寺、初めて行きましたが広い!お茶をやってる者にとっては、いろいろ言われもあるだろうし、そこここに逸話めいたものも残っているのでしょうが、どこが何やらもうさっぱりで(> <)下調べが必要だわ~と痛感。全部の寺院を回ると、お金もかかるし時間もかかるしで、きっと大変なので、ピンポイントで行くのがいいかもしれませんね。一休さんも好きなので、そっち方面もしっかり調べていけばよかったなあ。後の祭りですが。
京都はいつも見所いっぱいで、負けて帰った気がしてしまう場所です。今回も負けの予感。

|

« お菓子 | トップページ | 本家あぶりもち »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハナミズキと大徳寺:

« お菓子 | トップページ | 本家あぶりもち »