« 年度末お疲れ様でした会 | トップページ | 熊本城と桜 »

2011/04/01

永青文庫の至宝展

熊本の美術館
4月1日、エイプリルフールですが、お休みを取って美術展に行ってきました(明日出勤なの)
以前から九州新幹線ができたら連れて行けと言われていたので、家族サービスを兼ねて熊本まで。九州新幹線全線開業記念で熊本県立美術館にある「細川コレクション・永青文庫の至宝展」です。
熊本城内にある美術館なんですが、ちょうど桜が満開!(8~9部咲き)なんだか得した気分になりました。正面から回ってくれたタクシーの運転手さんに感謝!
永青文庫
細川コレクションは有名ですが、私はやはり幽斎や三斎の茶道具や武具に興味がありました。古田織部作の茶杓もありましたよ。父は刀が好きで、鎌倉時代の光忠の刀とかがよかったと言っていました。うん、これは私もよさが分かりました。すごいキレイ。後は宮本武蔵の書画とか、細川護立の近代日本画コレクションとかがよかったなあ。菱田春草の「落葉」とか、空気感がすごかった。
他にも歴史的に貴重な写真や、いろいろな資料が見られてよかったです。熊本の人はいいなあ。こんなお殿様がいて、こんな歴史をきちんと取り置きしてくれていて。

|

« 年度末お疲れ様でした会 | トップページ | 熊本城と桜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永青文庫の至宝展:

« 年度末お疲れ様でした会 | トップページ | 熊本城と桜 »