« 洋梨新製品 | トップページ | 縮景園散策 »

2012/02/25

福田繁雄大回顧展

福田繁雄展
この土日はプチ遠征をする予定でした。体調も回復したので行って参りました(まあやり残したことがあまりにも多いけど、もうそこは考えない)
まずは美術展のハシゴ。

「福田繁雄大回顧展」広島県立美術館
これは先輩が卒制で大変影響を受けたということで、誘われて行ってみました。このポスターとか見て、だまし絵とかトリックアート的な人だよねえという位の知識しかありませんでした。

そしたら。この作品で「ああ!」と思った!
バイク?

影はバイクに見えますが、近づいてみるとナイフとフォークでできています。
これ、教科書か資料集に載っていたと思う。すごい!と思った記憶があります。それから改めて福田繁雄さんの仕事を俯瞰して見ることができました。

キリン?
これは会場外にある作品。キリン?馬?

ご本人も繰り返し書いておられますが、「遊び心」をデザインのコンセプトにした方ですね。改めて回顧展を見てみると、結構知っている作品があったりして、驚きました。デザイナーってあんまり名前でないんですよね。でも常設の美術館もあるそうで、これは行ってみたいなあ。いろんな仕事を一堂に見ることができると思います。
近くで見ると○○だけど、離れて見ると■■だったとか、正面から見ると△△だけど横から見ると▼▼だったとか、まあこれだけよく考えるなあと思いました。他のトリックアートと一線を博すのは、福田さんが立体でモノを考えて、それを実践で作ってしまうということでしょうね。上のバイクといい、車といい、よくできてるなあと感心しました。
そうそう、海島博のポスターデザインもされていたのでした!これも覚えてたよ~
身の回りにあるデザインの意外なものが福田氏のデザインなのかもしれませんね。興味深かったのは、そういうアイデアは、意外にも鉛筆で描いた落書きだったらしいということ。ホテルの便箋とかそのへんにメモとして書いたものが結構残っていて、それを見るのが楽しかったです。これは誘われてよかったなあ。一般の方にも、楽しく、わかりやすくアートを体験できる展覧会、オススメです。

|

« 洋梨新製品 | トップページ | 縮景園散策 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福田繁雄大回顧展:

« 洋梨新製品 | トップページ | 縮景園散策 »