« 猫成分補給 | トップページ | ガラスの馬と京都土産の西瓜金平糖 »

2013/08/23

風を見る

風を見る
今日は午前中仕事して、午後から代休取って、ふらっと広島に行ってきました。

まずは「風立ちぬ」を鑑賞。

この時点ではまだ監督引退を知らないんですが、今思えば、そういう示唆的な映画であったかもしれません。

以下折りたたみ


あんまり見逃すと、外部情報がいっぱい入りそうだったので、とりあえず早めに行きたかった・・・(早くはないですけど)

宮崎監督が好きなものが詰め込まれた映画でしたね。

私は美しいものをひたすら追い求めた二郎=監督
と思って見たので、芸術家のどこか一面では常識から外れてしまっている感じが出ていて、けっこう心情的には理解できたかと思います。ただ、これは男性と女性の違いかなあ。同意はできなかったという印象。
菜穂子さんのような女性はいたかもだけど、現代の目線で見るともういたたまれない・・・

煙草のシーンは全然気にならなかった。
庵野監督も、むしろいいと思いました。最初(少年から青年に変わるシーン)だけ「おっ」と思ったくらい。
淡々とした映画には合ってましたね。

紅の豚も宮崎監督の好きなものだけを集めた映画ですが、まだ「まんが映画」としてのサービスシーンがいたるところにありました。子供が見ることを前提にしてました。
「風立ちぬ」は実在の人物を重ねているため、きっかり大人向けになってます。あとは好みかなー。

映画的には、もっと二郎の苦悩を際立たせた方が、ラストのシーンが引き立ったように思うけど、みなさんいかがでしたか?個人的に、最後はあんなに台詞でまとめるんじゃなくて、もっと映像で象徴的に見せた方が大人の映画として成り立ったんじゃないかと思いました。もうちょっと余韻が欲しかったかなと。

私はもう少し零戦の美しさや、すごさを見たかったのですが、でもそうなると変な戦争映画になっちゃうんだろうなあ。群像と個人の対比のようなものもあったら二郎の苦悩がこちらに伝わったのか。でもせいいっぱい生きたあの時代の人だから、あのくらいがいいのだろうなあ。

二郎が理想としたもののバトンが、次の世代にどのくらい伝わっているか。そんなことを思いながら映画館を後にしました。

|

« 猫成分補給 | トップページ | ガラスの馬と京都土産の西瓜金平糖 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風を見る:

« 猫成分補給 | トップページ | ガラスの馬と京都土産の西瓜金平糖 »