« 卵もらって | トップページ | 百分のいち »

2014/05/18

川瀬巴水展

美術展
日曜日、この日は家族サービスも兼ねて、萩の浦上記念館に行ってきました。
「川瀬巴水展」
明治から昭和にかけて活躍した木版画家、川瀬巴水の展覧会です。

ちょうど県立美術館で浮世絵展やってますけど、その正当な後継者ですよね。期待して行きましたが、それ以上の展覧会でした。
リアルな絵と木版画のグラデーションのコラボがこんなによいとは思いませんでした。ものすごい技術!
同じ景色でも、刷り方を変えるとこんなに違うんだ!という色彩の妙。
名前の通り、水の表現は特にすばらしかったと思います。欲しい、そして飾りたいと思う絵ですね。写真以上、写真よりもクリアーで、空気感があって素晴らしいです。
まだまだすごい作家さんがいらっしゃったんだなあと、勉強になりました。

画禄も買いましたし、つい絵はがきも買ってしまった(画禄に載っていないものもあり)
構図とかもすばらしく勉強になりました。

帰りにお抹茶
萩で見蘭牛のお店に行ったら、お弁当が美味しそうで、お昼はそれを買って、三見の道の駅で日本海を見ながら食べました。晩ご飯用にも買ったけど、ここまた行きたいなあ。
帰りは久々にだるま堂にも行きましたよ。わらび餅、美味しかったー

いろいろGWに不義理をしていたので、少しは家族サービスになったかな。

|

« 卵もらって | トップページ | 百分のいち »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川瀬巴水展:

« 卵もらって | トップページ | 百分のいち »