« グリーンでgo! | トップページ | マグリット展 »

2015/05/02

根津美術館・燕子花と紅白梅

根津美術館
新幹線でのんびりスタートとなったので、ゆっくりめのお江戸。
最初は根津美術館に行きました。リニューアルしてから初めて行きます。お庭は以前のままに。建物は和風で木をゆったり使いつつの、いい感じの建築でした。待ち合わせの間、お庭も散策できたし(ただ東京が思った以上に暑かった・・・まるで夏のようでした)
され尾形光琳300年忌ということで、MOAと根津が協力してできた国宝コラボです。56年ぶりに揃ったそう。

カンバン2作品はともかく(以前に見たことがあったので)、蔦の細道屏風があって感動!これ、相国寺なのによく貸してくれたなあ。大好きな屏風です(重要文化財)
そして光悦の金の藤と竹がとてもよく、琳派の手塚治虫と脳内命名(もしくは現代美術のピカソ)。もうやりつくしてるよ〜すごいセンス!藤をこんな風に描くとは。勉強になりました。
光琳はデザイナーだなとしみじみ。香包とか、開けたときと閉じたときのイメージをきちんと計算しているし、さすがでした。
須田氏の梅は残念ながらありませんでした。残念!(モノクロ写真の作品も見たかったーMOAのみ展示だったみたい)でもリニューアルした根津美術館、とてもよかったです(^ー^)

|

« グリーンでgo! | トップページ | マグリット展 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 根津美術館・燕子花と紅白梅:

« グリーンでgo! | トップページ | マグリット展 »